/images/article/37-large.jpg

ネックレスに使う真珠の大きさはどれくらい?

パールのネックレスは冠婚葬祭でも使うことがありほとんどの人が購入を検討しています。しかし、いざ購入する時に真珠の大きさはどれくらいが適切なのかという事に悩む人も少なくありません。そんな時の選ぶポイントとは?

パールのネックレスは冠婚葬祭でも使うことがあり、ほとんどの人が購入を検討しています。
しかし、いざ購入する時に真珠の大きさはどれくらいが適切なのかという事に悩む人も少なくありません。
年代にもよりますが、やはりカジュアルファッションとフォーマルファッションでは大きさやデザインを使い分けたほうが良いでしょう。

一般的によく知られているあこや本真珠は、2~10mm程度のものが大半を占めています。
中でも8mm以上のものは大珠と呼ばれ、9mm以上のものは希少性がぐんと高くなるため、ネックレスの金額も全く異なってきます。

通常、礼装で着用する真珠としてふさわしい大きさは5~9mm程度と言われています。
着用する人の年齢別にみると、やはり10~20代前半の女性はあまりに大粒のものでは借りものと疑われやすいこともあり、7~7.5mm以下のものがよく選ばれています。
逆に、20代後半から30代にかけては小さい真珠だと物足りなく感じますので、7.5~8mm程度から選ぶ傾向にあります。

40代以降になると、ワンランク上のネックレスをつけてもきちんと使いこなすことができますので、8.5mm以上の大粒ネックレスや最高級品である花珠パールをつけるのもよいでしょう。
とはいえ、年代ごとにネックレスを買い替えるのも大変ですから、若いうちは価格の安いものを購入したり、親のネックレスを借りるという家庭もあるようです。
なお、同じ大きさの真珠でも、上質で輝きが美しい真珠は大きく見えるものです。
実際に身につけた時には肌なじみもあり、さらにその違いが際立ちます。

また、着用する人の顔立ちや身長、体格などによっても、同じ大きさの真珠で大きく見えたり小さく見えたりするものです。
そのため、実店舗でパールのネックレスを購入するときには、単純にサイズだけで選ぶのではなく、実際に身につけて自分に似合うかどうかを確認してから購入したほうが無難です。

トップへ戻る