プロフィール写真

大人なら知っておきたい葬式(お通夜)で着ける真珠の着用マナー

真珠を使える機会は様々。でも、あまり知られていない、葬式(お通夜)に付けるときのマナーを解説しています。

お寺の写真

初めての葬儀でどのような恰好や身に着けていいものがわからないという方は多いです。
しかし葬式マナーは以外に厳しく1つでも外すと浮いてしまう可能性があります。
例えば葬式の時の口紅の色や服装、アクセサリーなど以外にも細かいマナーがあり、大人なら常識として知っておきたいのが当たり前です。
今回は葬式の時の真珠・アクセサリーについてのマナーを紹介します。

まず真珠が葬式に身に着けてもよいものなのか。
本来結婚指輪以外は身に着けないのがマナーでしたが真珠をつけるようになったきっかけはエリザベス女王が葬式の場で真珠を身に着けており、それを見た上流階級の婦人たちがそれを真似したことが始まりと言われており、さらに真珠には「月の涙」という意味もあり「涙の象徴」とも言われているため派手さを控えめなためつけともよいと言われるようになりました。
本当は葬式の時は何もつけないのがオススメですがどうしてもつけたいのならば、真珠のアクセサリーのみという考えが一般的です。

真珠を付ける時は洋装の時が基本です。
洋装と違い和装はアクセサリー等をつけないのがマナーです。
真珠の種類もなんでも良いというわけではなく基本的にはアコヤ真珠が使われるものを選びましょう。
派手すぎず主張しすぎずに丁度良いからです。
色は白やグレー、黒に限ります。もちろんピンクなどは葬式には向いていません。
葬式の場ではシンプルに決まることが第一条件です。

大きさは7~8ミリ程度までにしましょう。
他の種類のピーコックの真珠やバロック真珠は華やかすぎ遊び感覚が強くなるので控えたほうが良いです。

パールネックレスは必ず1連で着用した方がよく、重ね付けは葬式の場合「不幸が重なる」という意味があるので注意が必要になります。
ネックレスの場合は長さも重要になり、40センチ前後が好ましいとされています。
ピアスもつけることに問題はありませんが耳にぴったりとつくタイプでシンプルなものを選びましょう。
葬式(葬儀)・お通夜・祭事で使える商品一覧

トップへ戻る