プロフィール写真

入園・卒園式にふさわしい真珠とは?

入園式や卒園式の主役は子供です。ママは控えめな装いをするのがマナーですが、人生において大きな節目となる日ですから、今まで頑張ってきたママも綺麗になって迎えましょう。

桜の写真

入園式や卒園式の主役は子供です。
ママは控えめな装いをするのがマナーですが、清楚で品のある装いをして、親子で晴れやかに出席したいものです。
人生において大きな節目となる日ですから、今まで頑張ってきたママも綺麗になって迎えましょう。

服装は露出のないフォーマルなもので、アクセサリーもそれにふさわしい落ち着いたスタイルを選びます。
キラキラやゴージャスではないものを選べば問題ありません。
迷った時には、真珠のアクセサリーを選ぶと無難です。
真珠というと少し敷居が高く感じる人もいるかもしれませんが、冠婚葬祭にも役立ちますし、女性を何より上品に際立たせてくれます。
ネックレス、ピアス(ネックレス)、リングの一セットを揃えて持っていると、いざという時に慌てることもなく便利です。
真珠の種類は様々ですから、一度予算を立てて専門店で相談してみるのも良いでしょう。

普段使いもできる手軽なものもありますし、いずれは後世まで託せるような一生モノまでそろっています。
最初から高価な物を選ぶ必要はありませんが、ご自分の使用用途に合わせて選んでみてはいかがですか。

入園式は春らしい、希望のあふれる華やかな色の装いをします。
真珠のネックレスはシンプルな一連でも十分です。
一方卒園式となると、濃い色の大人しいフォーマル服を着るのがマナーです。

そこで服装が重くなりすぎないよう、真珠のネックレスを2連にして華やかさをプラスしてみるのも今風のアレンジになります。
どちらもネックレスが胸元より下までの長さにならないようにして下さい。
長い真珠のネックレスでも、公式行事以外のパーティーや、参観のような普段の行事では身に着けても問題ありません。
普段使いとして、シンプルなハイネックのセーターに合わせるだけでも素敵です。

真珠を選ぶ際は、サイズにも気を付けましょう。
あまりにも大きな粒だと、品位に欠けたりカジュアルな印象を与えます。
定番のサイズの7.5mm位ならば大丈夫です。
真珠の色味によっても雰囲気や用途が変わってきますので、選ぶ際にはよく検討して下さい。
入園式・卒園式・入学式・卒業式で使える商品一覧

トップへ戻る