プロフィール写真

大人なら知っておきたい結婚式で着ける真珠の着用マナー

結婚式に真珠をつけていくときにはいくつかのマナーがあります。結婚式を挙げる主役二人にとってはとても大切なものですので、マナー違反をおかさないようにしておきましょう。

結婚式

結婚式真珠をつけていくときにはいくつかのマナーがあります。
結婚式を挙げる主役二人にとってはとても大切なものですので、マナー違反をおかさないようにしておきましょう。

結婚式といえば「白」が基調となっています。
そのため、真珠であっても黒色をしている黒真珠(黒蝶真珠)はつけてはいけないのではないかと考えてしまいがちですが、実際には全く問題ありません。
本来、黒真珠(黒蝶真珠)は高価なものですから、華やかな結婚式に使うことは問題ではありません。

しかし年齢の高い方には「黒真珠(黒蝶真珠)=お葬式」というイメージを持っている人も多いので、年齢の高い方が多い結婚式では避けておいた方がいいかもしれません。
マナー違反ではありませんが「それはどうなの?」と思ってしまう方がいるのは、真珠の二重のネックレスです。

二重というのは「くりかえす」という意味があるので、結婚式につけるには縁起が良くないと考える方がいる一方で、「喜びが重なる」という好意的な意味合いに取る方もいます。
人によって大きく印象を変えてしまうものとなりますので、結婚式に真珠のネックレスをするのならば、一重にしておく方が無難だといえます。
真珠の一重のネックレスをするならば、やはりイヤリングやピアスも真珠で揃えたいものです。
アクセサリーはネックレスとその他のものを合わせるのが正装(フォーマル)とも言われていますので、パールのイヤリングやピアスがおすすめです。

そこで気を付けたいのは、耳元で揺れないものを選ぶことです。
軽く揺れる程度ならば問題はないのですが、大きく揺れるものは「家庭が揺れる」という意味合いになってしまうとも言われていますので、耳元にピタッとつくデザインのものを選んでおくと良いでしょう。

そして結婚式に真珠をつけるときに一番重要な点は「主役である花嫁よりも大きなものをつけない」ということです。
お祝いの席ですから華やかなデザインの洋服やアクセサリーは問題ありませんが、それが主役よりも目立ってしまうのは問題となってしまいます。
華やかでありながら小ぶりのデザインのものを選択することを忘れないようにしておいてください。
結婚式で使える商品一覧

トップへ戻る