https://pearlmusic.jp/images/article/32-large.jpg

結婚30年目の真珠婚式に喜ばれる贈り物

結婚して30年目を迎える記念日は真珠婚式といわれます。海の中で自然の恵みを受けながらじっくりと育っていく富・健康の象徴 真珠は、夫婦が歩んできた30年という長い年月に例えられます。

手をつないでる写真

西欧では、夫婦の愛や信頼を確認し絆を深めていくために毎年結婚を祝うしきたりがありますが、日本でもその習慣が広まり結婚記念日をお祝いする人が増えてきました。
結婚1年目の紙婚式からはじまり、結婚75年目のダイヤモンド式までそれぞれの年数に応じて名前が付けられています。

結婚して30年目を迎える記念日は真珠婚式といわれます。
海の中で自然の恵みを受けながらじっくりと育っていく富・健康の象徴 真珠は、夫婦が歩んできた30年という長い年月に例えられます。
真珠婚式は、これからも夫婦が豊かで元気に生活できることを祝うには最適なイベントではないでしょうか。

他の結婚記念日と同様に長年の幸せを振り返り、感謝の気持ちを込めてお互いにプレゼントを交換します。
真珠婚式では、やはり真珠に関連したものを贈るのが定番になっています。

奥様へのプレゼントは、真珠のネックレスやペンダント・ブローチなどが喜ばれるようです。種類が豊富でパーティやお祝い事で品格を高めてくれるので、おしゃれな方にはピッタリの贈り物になります。
また仏事などにも利用でき、悪霊から身を守ってくれると言われる黒蝶真珠も人気があります。
価格もさまざまなので、自分の予算に合ったものを選びやすいです。

ご主人へのプレゼントは、ネクタイピンやカフスが定番になっています。
冠婚葬祭などのさまざまな場面で利用でき、さりげなく高級感や品格を演出してくれます。
ご両親の真珠婚式をお祝いする場合、子育てや仕事でなかなか行けなかった旅行をプレゼントする方も多いです。
お父さん・お母さんとしての時間が長かった分、夫婦水入らずで新鮮な気持ちを取り戻せるでしょう。

その他にも家族が集まってお食事をするのも喜ばれます。
白ワインやシャンパンを真珠に見立て、ボトルに彫刻を施してプレゼントにするのも素敵です。
大切なのはお互いの健康や幸せを祈る気持ちで、じっくりと考えて選ぶのも絆を深める大切な時間になるのではないでしょうか。
真珠婚式に喜ばれる贈り物一覧

トップへ戻る