/images/article/31-large.jpg

本物の真珠と偽物の真珠を簡単に見分ける方法

女性なら誰しも1つはパールジュエリーを持つべきという考えから需要も高く、それ故にイミテーションパール、つまり偽物の真珠を販売しているお店もあります。加工技術も優れているため、一見本物と偽物の区別は難しいのですが、実は簡単に見分ける方法があるのです。

真珠は古くから世界中の人々に愛されてきた宝石の1つです。
その優しい光沢には高級感があり、身に着ける人々を上品に見せてくれます。
そのため様々なパーティーの場や冠婚葬祭の場などで重宝されます。

女性なら誰しも1つはパールジュエリーを持つべきという考えから需要も高く、それ故に中にはイミテーションパール、つまり偽物の真珠を安価で販売しているお店もあります。
その加工技術も優れているため、一見本物偽物の区別というのは難しいのですが、実は簡単に見分ける方法があるのです。

1.真珠は自然が作り出す宝石です。
海中で様々な成分が層をなすことによってこの独特の光沢を生み出すのですが、実は本物の真珠は触ってみるとひんやりと冷たい感触がするのです。
それに対し偽物は人工的なものですから、温度差などはなく生温かい感触がします。
初めて手にとったときにこの違いを感じることができれば、本物と偽物を見分けることができます。

2.また真珠は自然界でできた結晶の塊なので、真珠同士をこすり合わせるとどうしてもざらつきを感じます。
それに対して偽物は、表面を塗装してツルっとさせているため、こすり合わせても何の引っ掛かりも感じないのです。
温度では分かりにくかった場合には一度真珠同士をこすり合わせてみるとよいでしょう。
しかしあまり強くこすり合わせると真珠を傷つけてしまうため、あくまで軽くというのがポイントです。

3.その他にも、本物の真珠であれば、糸を通すための穴がキレイに丸くあいていることが多いのですが、偽物の場合は表面の塗料の関係で穴口を塞いでしまうような形になってしまったり、穴の口が少し尖っていたりという歪な形をすることがあります。

プロであれば見ただけで分かる人もいるのですが、普段目にしない人々からすれば見分けるのは非常に困難です。
どんな宝石が使用されているのかを示す鑑定書がついていない場合には偽物の恐れもあるため、これらの方法を試してみることをおすすめします。

トップへ戻る