https://storage.googleapis.com/pearlmusic_jp/article/123-large.jpg?20180215173644

写真映えする方法とは?フォトジェニックな着こなしをしよう!

大人し目のファッションでもちょっとした工夫でフォトジェニックな着こなしに!

地味になりがちなファッションでも、フォトジェニックな着こなしのコツを習得すれば写真映えができます。

まず、どこかに差し色をするといいでしょう。
写真で目を引かせるためには、赤色や青色などのはっきりした色を入れることがおすすめです。
一つのアイテムだけ原色などで目立たせて、その他はベーシックにすれば写真映えします。
差し色として人気なのは、赤色やオレンジ色です。
暖かみを感じさせながらも、目を引かせることができます
キャメル色や原色の黄色を差し色にするなら、その他のアイテムは黒や茶色にするといいでしょう。
アイテム同士で似合う色を見つけるのも、洋服のセンスが良いとしてフォトジェニックな着こなしになります。
派手過ぎず個性を出すなら、青色や紫色です。
これらは、使い方によってはセクシーや清潔感などさまざまな印象を持たせることができます。

ボディラインが出る服装にすることでも写真映えできるでしょう。
例えばタイトなスカートやニットを着ればボディラインが出せ、写真が目に留まりやすくなります。
洋服の前後で長さが異なるものやロングコートなど、
ボディラインだけでなくシルエットを活かしたものを使うのもいいでしょう。

さらに、帽子や鞄、アクセサリー等の小物を使ってボリューム感を出すと写真映えします。
冬ならニット帽子やファー帽子にするだけでも、ボリューム感が出てフォトジェニックな着こなしに繋がるのです。
ニット帽子の場合は、差し色にすると目に留まりやすくなります。
ファー帽子やマフラーをすれば、お洒落だけでなく小顔効果も期待できるでしょう。
ニットやファーだけでなく、レザー調も目立ちやすいです。
レザー調なアイテムを使えば、ツヤ感が出せ写真映えします。
レザーの光沢感は写真で伝わりやすく、お洒落に見えるのです。
レザーパンツなど服装に取り入れてもいいですし、鞄やブーツなどで使ってもいいでしょう。
レザーの光沢感は光のある場所で写真を撮れば、綺麗に見せることができます。

トップへ戻る