https://pearlmusic.jp/images/article/93-large.jpg

意外と知らない人も多い結婚指輪と婚約指輪の目的の違い

アナタは知ってる?結婚指輪と婚約指輪の違いについて。

男女が結婚をする上で欠かすことのできないアイテムの一つが指輪です。
一般的に結婚に関する指輪には大きく分けて婚約指輪と結婚指輪の2種類がありますが、
世の中にはこの2種類の指輪の違いについて詳しく知らないという人も少なくありません。

婚約指輪とは男性から女性に送られる物で、その指輪には婚約の証という意味合いが込められています。
この婚約指輪は古くから日本では給料何か月分という言葉で例えられるケースも多く、
結婚を誓い合うというお互いにとって大事なイベントであることから、奮発して高額な物を買うのが一般的です。
そのため、日常生活での使用よりも特別な日に身に付けるようなデザインの物が好まれています。

一方で結婚指輪は結婚における誓いの証という意味合いが込められている指輪です。
結婚指輪はペアリングとして男女共に同じデザインの物にするのが基本になります。
婚約指輪とは異なり結婚後もお互いに身に付けて生活をすることを想定して、
生活の邪魔にならないようにシンプルなデザインの物が選ばれやすいのが特徴です。

これら2種類の指輪を購入する時にそれぞれの平均相場が気になるのは全ての男性に共通する思いと言っても過言ではありません。
婚約指輪の相場はおよそ20万円から40万円とされています。
2人にとっての一生に1度の特別なイベントを素敵な思い出にしたいという男性の心理が伺える金額です。
この金額からも、給料何か月分という言葉が大げさな例えではないことがわかります。
とはいえ、婚約指輪は貰えることが嬉しいから金額は気にしないという女性も多いデータもあるのでこれらの相場を意識し過ぎないことが大切です。

一方で結婚指輪の方は一般的な相場はおよそ10万円から30万円になります。
婚約指輪に比べて若干相場が低いのが特徴です。
これは婚約指輪で奮発したから結婚指輪は安く済ませるということではなく、
日常でも身に付けられるシンプルなデザインの物が選ばれることで自然と費用が安く収まるというのが理由になります。

トップへ戻る