https://pearlmusic.jp/images/article/133-large.jpg

ここがポイント!足元のおしゃれはこう楽しむ!

「お洒落はまず足元から。」と言う通り足元の身だしなみは大切です。靴選びはコーディネートに合わせましょう。

靴を見ればその人が分かると言われるほど、足元の身だしなみは大切です。
ファッションやシーンに合わせて、足元にも気をつかっておしゃれを楽しみましょう。

足元のおしゃれはまず、服と靴とバランスが大切と言えます。
お気に入りのスポーツブランドのスニーカーも、スーツスタイルには似合いません。
カジュアルな短パンにはスニーカー、上品なワンピースにはパンプスやミュールというように、
服のテイストに合った靴を選びたいものです。

また靴選びによってスタイル良く見せることもできます。
スキニーパンツに少しヒールのあるサンダルやショートブーツを合わせることで、
足首が引き締まって見えてスラリとした体型に見えるでしょう。
下半身の太さを気にしている人は、黒やパープルやネイビーなど靴を履くと引き締め効果があります。
ブーツの長さも、足の太さをカバーしたいのであれば、細身で膝上くらいまであるロング丈を選ぶようにします。
このように、靴のデザインやカラーによって周りからの見え方も変わってくるのです。

次に、靴下やタイツ、ストッキングなどの組み合わせ方について考えてみましょう。
春夏用の可愛いサンダルは、素足でなくともナチュラルな靴下を合わせて履くことができます。
サンダルを履きたいけれどまだ肌寒いというときは、違和感のないカラーの靴下を履きましょう。
勿論、タイツと合わせてもおしゃれです。
タイツもいろいろなカラーがあるので、靴と合わせてコーディネートしてみましょう。
ナチュラルコーデには黒やパープルなどシックなカラーのタイツが似合います。
ベージュのレギンスなどを合わせても素敵です。
カジュアルファッションなら、思い切って赤やグリーンのタイツを合わせてみてもおしゃれに決まるでしょう。

夏場、素足には足首にさり気ないアンクレットを付けるとアクセントになります。
冬場、いつものパンプスに少し飽きたときや華やかさが欲しいときは、シューズクリップが役に立ちます。
ファーやリボンなど、シーンに合わせて選びましょう。

最後に肝心なこと。靴は最低限、泥や汚れは目立たないように手入れをしておきたいものです。
清潔な足元がおしゃれの基本と言えます。

トップへ戻る