プロフィール写真

6月の誕生石は持つ人を幸せに導く、パール

6月の誕生石である真珠は日本で昔から愛されてきた宝石の一つであり、中でもあこや真珠は日本の海で採れる自然の産物です。冠婚葬祭で着用することができる真珠は、女性にとって欠かすことのできない宝石です。

誕生石とは生まれた月に当てて設定された宝石であり、自分の誕生石のジュエリーは一つは持っておきたい代物です。
1958年に日本で発表されて以来多少の修正は加えられたものの、一つの文化として大切に受け継がれてきました。

6月の誕生石である真珠は日本で昔から愛されてきた宝石の一つであり、中でもあこや真珠は日本の海で採れる自然の産物です。
核に幾層もの層が取り巻くことによって丸いフォルムを形成します。
そして美しく柔らかな光を放つ表面のテリが特徴で、テリの良し悪しがあこや真珠の価値に大きく影響を及ぼします。

また有機物である真珠の表面には、えくぼと呼ばれる凹凸が見られるものの、それは自然の貝から採れた本物の証です。
白やピンク、黄色みを帯びたもの、グレーにブルーといった様々な色味を持っており、幅広いシーンで着用することができます。

あこや真珠は嫁入り道具の一つとして数えられていて、特に最高品質を誇る花珠真珠は晴れの日を彩る宝石として最適です。
花珠真珠は定められた基準を上回るテリや巻厚を持つあこや真珠だけが得ることができる称号であり、一級品としてもてはやされます。
通常、品質を表す花珠真珠鑑別書が付けられていて、一目で品質の良さを証明できます。
冠婚葬祭で着用することができる真珠は、女性にとって欠かすことのできない宝石です。

さらに6月の誕生石としてムーンストーンがあげられます。
ムーンストーンは一般的に半球形にカットしたカボッション・カットという形に施されており、優しい印象を与えます。

そして乳白色のフォルムの中に一筋の光が浮かび上がるのが特徴です。
雲の間から覗く月光が名前の由来となっている神秘的な宝石です。

誕生石には象徴や意味があり、大切な人への贈り物にその思いを込めることが可能です。
また月ごとに生まれた人を守る石としての役割を担っています。
6月の誕生石には健康や富、長寿といった意味が含まれていて、持つ人を幸せに導く宝石となっています。

トップへ戻る