https://pearlmusic.jp/images/article/61-large.jpg

天然石・宝石・パワーストーンその違いは?

天然石と宝石は、「物」としては同じなので違いはありません。 しかし、人間が流通の過程で定義付けたものであれば、天然石の中でも特に価値の高いものを「宝石」と呼びます。

天然石と宝石は、「物」としては同じなので違いはありません。
しかし、人間が流通の過程で定義付けたものであれば、天然石の中でも特に価値の高いものを「宝石」と呼びます。

現在市場に出回っている天然石はおよそ300種類ほどで、その中で宝石と呼ばれるものは70種類ほどです。
なお宝石と呼ばれる条件には、希少性が高い・外見が美しい・耐久性の高いもの・硬度が高いといったものがあります。
この条件を満たすものが「貴石」とよばれ、それ以外の天然石は「半貴石」とよびます。
70種類ほどある宝石の中でも、この条件を満たすものは20種ほどしかありません。

しかし、宝石の分類は国や業界などによっても様々なので、一般的に四大貴石と呼ばれるものに「ダイアモンド」「ルビー」「サファイア」「エメラルド」が挙げられます。
さらに宝石の条件の1つである高い硬度の石には「トパーズ」「アレキサンドライト」「アクアマリン」などがあります。
なお、硬度は高くないのに貴石と呼ばれている石の中に「翡翠」があります。
これは、希少性の高さから宝石に含まれると考えられているからです。

パワーストーンの多くは天然石でできていますが、天然石=パワーストーンではありません。
では、パワーストーンとは何かというと、人の体や潜在意識に働きかけることができるなど、強いパワーが秘められていると言われているストーンの事をパワーストーンと呼んでいます。
値段も手ごろなものが多いため、ブレスレット・イヤリング・ネックレスなど様々なアクセサリーとして流通しています。

パワーストーンによって、秘められているパワーが異なるので、好みの色や質感だけではなく自分にとって必要な願いによって選ぶこともできます。
自分にあったパワーストーンの選び方として、「直感やフィーリング」を大切にすることです。
どんなに高価なものでも、なんとなくしっくりこないとすれば、それは自分に合うものではありません。
手にとってみて、しっくり来たものが自分の求めているものや雰囲気に近いものといわれています。

プレゼントをする場合でも、相手の事や気持ちをこめて選ぶことでピッタリのものを探すことにも繋がります。

トップへ戻る