じっくり育てられる真珠は大切な人へのプレゼントに最適

~お買物前にちょっと知っておきたい真珠の世界~

他の宝石とは一味違って、まろやかな品のある光沢を放つ真珠。
本物のパールネックレスやイヤリングは、大人になるとひとつは持っておきたいと思うアイテムです。
宝石はプレゼントに使われることも少なくありませんが、その中でもパールアクセサリーは、実は大切な人へのプレゼントにぴったりなのです!

その理由は、真珠が出来上がるまでの過程にあります。
天然の真珠はほとんど出回ることはなく、市場に出ているほとんどが養殖されたもの。
真珠の養殖は貝を育てるところから始まります。
質の良い真珠を作るための質の良い貝を約2年かけて育てます。
使われるのは主にアコヤガイ。
そして大きく育った貝に「核」と呼ばれる真珠の元を入れます。
この作業は挿核手術と言われ熟練の経験が必要となり、誰でも出来るわけではありません。
挿核手術が終わった貝は、体力回復のため養生され、温度管理、貝の掃除、入れ替えなどしっかり丁寧に管理されながら、約2年のときをかけて立派な真珠に成長します。

そして養殖期間を終えた貝からいよいよ真珠を取り出すのですが、取り出される真珠は貝が育てたものであるため、大きさや光沢も様々で、取り出してみるまでどんな真珠が出てくるのかは分かりません。
そんなところも真珠の魅力と言えるでしょう。
真珠の産地ではこの取り出しを体験できる施設もあり、真珠が出てきた瞬間は感動ものです!

養殖中に約半数の貝が死んでしまったり、うまく育っていないものもありますから、商品に出来るものは半数以下になってしまいます。
このように長い年月と手間をかけて育てられる真珠には他の宝石とは違った重みがあり、相手をずっと大切にしていきたいという気持ちを表すにはピッタリの宝石と言えます!
しかも真珠のネックレスやイヤリングは冠婚葬祭やパーティなどの席で使われることが多く、活躍場面もあり一生大切にできるアクセサリーです。

じっくり育てられたパールに、長い年月をかけて大切にしていきたいという相手への思いを乗せて、大切な人にプレゼントしてみませんか?

大切な人へのプレゼント商品一覧

トップへ戻る