https://pearlmusic.jp/images/article/62-large.jpg?

スワロフスキー・クリスタル・ラインストーンの違いとは?

スワロフスキー、クリスタル、ラインストーン。 この3つって具体的にどういう違いがあるの?とお考えの方もいらっしゃると思います。 それぞれの違いや特徴を簡単にご説明します。

スワロフスキー、クリスタル、ラインストーン。
どれもキラキラと輝いてとてもきれいですね。
でもこの3つって具体的にどういう違いがあるの?とお考えの方もいらっしゃると思います。
それぞれの違いや特徴を簡単にご説明します。

まずスワロフスキーについて。
スワロフスキーは一言で言えばスワロフスキー社製の製品のこと全般を言います。
スワロフスキー社Webページ>>

後述するクリスタルやラインストーンについてもスワロフスキー製であればスワロフスキーと呼ばれることになります。
逆にスワロフスキー製でないクリスタルやラインストーンはそのまま、クリスタル、ラインストーンと呼称されます。
スワロフスキー製品は長い歴史で培われてきた独自の優れたカッティングや加工を施されており、目を見張る美しさがありますが手間もその分かかるため一般的に高価なものとなります。
高級なガラス製品という認識をして頂ければ良いと思います。

次にクリスタルについて。
高品質のクリスタルガラスを「クリスタル」と呼びます。
一般に普及しているガラスはソーダガラスと言い、このクリスタルガラスとは異なります。

クリスタルガラスは主要成分に酸化鉛、酸化カリウム、酸化バリウム、酸化チタニウムなどが含まれていて、透明度とともに光の屈折率が高く、光沢を含んだ美しい輝きに加え澄んだ音色を響かせる、と言った特徴を持っています。
屈折率を高くすることで反射率の高さを上げ、一般的なガラスとは違う美しい輝きを放つクリスタルガラスを作り出しています。

最後にラインストーンについてです。
ラインストーンはダイヤモンドを模した鉛ガラス製の人工宝石のことです。
現在はガラス以外にも、ファセット加工された水晶やプラスチック、アクリル樹脂などを利用したラインストーンがあります。
ラインストーンはアパレル、デコレーションやネイルと言った幅広い分野で用いられています。

値段は物によってさまざまですが、安価で手に取りやすい価格であることも多いのが強みです。
混同されやすいこれらですがそれぞれに違った用途や特徴を持っていることがわかりますね。

トップへ戻る